カラダアルファ(α)の最大の特徴

 

スーパーフードのスピルリナやひじきなど天然素材を使用

人工甘味料無添加

10歳~16歳に特化した成分内容

アスリートたちの豊富な情報を基に監修

お母さん方の口コミで広がった製品

 

スーパーフードのスピルリナやひじきなど天然素材を使用

子供の背を伸ばしたいと考えたときに、まず取り組まなければならないこと・・・それはやはり「食事」。

子供が成長し始める乳幼児からおよそ18歳くらいまでが成長期ですが、その中でも小学校の高学年から高校1年生くらいまでが成長のピークと言われています。

そういう時期に子供の背を伸ばす為の正しい栄養素を的確に与えられるといいのですが、そうはいかないこの世の中、コンビニやインスタント食品が溢れかえっていますね。

現代の子供たちは肉食中心で野菜不足、パンや乳製品に偏った食事が多くなっていて結果、脂肪を摂り過ぎ、逆にビタミン・ミネラル・食物繊維が足りていないという状態になっていることが多いようです。

このサイトの管理人である私はマクロビオティックの料理教室の師範科を卒業した調理師ですので食事ということの大切さはいろいろと学びました。(マクロビオティックについてはこちらの記事を参照)

 

スーパーマーケットやコンビニに行ったときはよく裏の成分表などを見ますが、まぁ酷いもんです。見たことも無いような添加物の名前が年々増えているのではないでしょうか、自分の子供たちにも「こういう食べ物は食べるな」とか「これが入っているものは買うな」とか言っていますが、友達との付き合いなどもあるので完全にシャットアウトすることは不可能に近いと思います。

そういう環境の中でも、子供の背を伸ばしたいと考えた私はマクロビオティックの調理法にてどうにかできないものかと食材を変えたり、調理法を変えたりしましたが結局サプリに頼ることにしました。(いろんな理由がありますが、大きな理由として無農薬有機栽培の安全な食材を確保することが困難ということが筆頭です)

いろいろと各社の素材や成分表などをチェックしましたが、「こんなもん子供に飲ませて大丈夫か」というような製品がたくさんありホント、ビックリしました。このサイトに掲載していないものもかなり見ましたがどう考えても紹介できないものなので掲載はしていません。そんな中、「カラダアルファ」という製品を見つけ、成分内容や会社の姿勢などを調べてこれなら自分の子供に飲ませようと購入し、実際に飲ませているものです。


カラダアルファの素材の40%を占めているスピルリナ

これ凄いですよ、セレブの間でも噂になっていますが、スーパーフードといって、人間では作れない9種類の必須アミノ酸をすべて含んでいます。またスピルリナにはタンパク質、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などミネラルもたっぷり入っています。

つまり5大栄養素をすべて含んでいるのです。栄養成分の種類はなんと50種類以上。そしてタンパク質が60~70%もありますが、(豆腐や牛乳でだいたい5%)驚くのはその消化率、実に95%は消化、吸収されるというホント、スーパーフードなんです。

 

それに成長期の子どもに相応しい食べ物であるひじきを粉末にして配合、ひじきって水で戻して使うのでめんどくさいのかあまり食卓に上りませんがカルシウム・鉄分・食物繊維がたっぷりなんです。

そして重要ポイントのミネラル・・・カラダアルファでは天然由来ミネラルであるアクアミネラルを配合。これ海の海底に自生している海藻が石化した、植物由来の天然ミネラルなんです。タンパク質やカルシウムだけとっても仕事はしませんから良質のミネラルが必要なんですね、カラダアルファには16.5%もミネラルが入っていますのでいい仕事をしてくれると思います。

子供たちの体は口から入れたものでしか作られません。特に、成長過程にある子供の体にとってこのスピルリナとひじき、そしてアクアミネラルの成分は非常に大切な栄養素だと思います。

カラダアルファの成分量

カラダアルファの成分量についてですが原材料の表示はどこの企業も公開しています。が、成分量を表示しているところは企業秘密にあたる部分でもありますので非常に少ないのが現状です。カラダアルファは原材料の含有量も公開している非常に珍しいサプリですので安心感があります。

原材料
スピルリナ、コラーゲン、アクアミネラル、ひじき末、ビタミンC、亜鉛酵母、ナタネ硬化油、シェラック

1回分10粒あたり(2000mg)の原材料量
スピルリナ・・・・・800mg
コラーゲン・・・・・530mg
アクアミネラル・・・330mg
ひじき末・・・・・・260mg
ビタミンC・・・・・50mg
亜鉛酵母・・・・・・13.5mg
ナタネ硬化油と
シェラックの合計・・16.5mg

ナタネ硬化油とシェラックというのはサプリメントを固めるための原料です、1983.5mgの材料を固めるのに16.5gしか使っていませんので1%にも満たない原料で固めています。粗悪なものだと50%くらいがこの賦形剤となりますのでカラダアルファの工場長が固めるのに苦労したというのも納得ですね。

 

 

人工甘味料無添加

近年ホント人工甘味料である、スクラロース、アステルパーム、アセスルファム-Kを添加する企業が増えています。

天然砂糖の200倍くらい甘いので極少量ですむためだと思いますが、科学的な合成物質なのでマクロビオティック的には摂取することはお勧め出来ません。

まして子供たちに飲ませるなんて私には考えられませんね。詳しくは書きませんがもし興味のある方は検索してみてください。

 

それとカラダアルファのいいところは成分を固めるのに必要な賦形剤(ふけいざい)さえ最低限度しか使っていないところ、工場長が粒にして固めるのが大変だったという話もあるように徹底して余計なものは入れないという姿勢がいいですね。

 

10歳~16歳に特化した成分内容


男の子の身長が伸びるのは11歳~13歳がピーク、女の子は9歳~11歳が最も延びる時期。この成長期にいかにバランスよく栄養を摂取するかが、成長と一生の健康を左右するポイントだと思います。

 

身長を伸ばすために特に必要な栄養素

 

身長を伸ばすために特に必要な栄養素はタンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDですが、骨や筋肉を作る栄養素はカルシウムとタンパク質。

タンパク質は体内でアミノ酸に分解されてコラーゲンを作り、コラーゲンの周りにカルシウムがくっついて骨が作られます。

カルシウムは吸収率が低い栄養素なので、吸収率を上げるためにマグネシウムとビタミンDが必要になってきます。そして骨や筋肉が作られるためには、成長ホルモンの分泌が必要なのですが、このときに必要なのが亜鉛。亜鉛にはさまざまな働きがあり、私たちが生きていくためには欠かせない栄養素。

亜鉛の体内での量は約2gとあまり多くありません。亜鉛が欠乏するとホルモンや酵素を作り出すことができないので代謝サイクルも上手く稼動せずいろいろな障害が出てきます。成長障害にもつながってきますので特に成長期の中学生などは不足することがないよう必要量を満たすようにすることが大切です。

 

ビタミンの役割

ビタミンは身長を伸ばすためにかなり重要な役割をしています。ビタミンの種類は全部で13個・・・そのうち背を伸ばすのに関係してくるのがビタミンD、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB6、ビタミンB12の5個です。

それぞれどんな役割をしているのかというと、ビタミンDは骨芽細胞を刺激して骨の形成を促すことと小腸でのカルシウムの吸収を促進すること、ビタミンCはコラーゲンの生成に必要なビタミンで、ビタミンKは骨にカルシウムをくっつける石灰化を促進し骨からCaが出ていくことを抑制します。そしてビタミンB6はコラーゲン同士を正しく結合させる役目をし、ビタミンB12はコラーゲン同士を正しく結合させる役目と睡眠に関係する成分分泌を促進することです。

ビタミンも大変ですね、ビタミンには脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの2種類のビタミンがありますがどちらのビタミンも豊富なのが緑黄色野菜。成長期のお子様には欠かせない食材だと思いますので、できれば毎食取り入れてあげてください。

身長が伸びる仕組みをよく理解してもらうためにもう一度簡潔に言いますと、骨ではなくその端にある軟骨、正確には骨端線といわれる軟骨が伸びて骨が大きくなります。それにはタンパク質を分解して出来るコラーゲンが必要であり、コラーゲンを作るのにビタミンCが必要なんです。また骨の主成分はカルシウムになるんですがカルシウムは吸収されにくい成分なんですね、そこで必要になってくるのがマグネシウムとビタミンD。体内でカルシウムの吸収をよくしてくれます。このように子供の身長を伸ばすのにビタミン類は必ず必要なんですね。

 

 問題は野菜が苦手なお子様の場合ですね・・・ハンバーグやカレー、スープなどに入れて対応していると思いますが、水溶性ビタミンは熱に弱いのでどうしても不足がちになってしまいます。毎日の食事で正しい栄養素を与えてあげることは野菜が苦手なお子様にはどうしても摂取量が足りないと思いますので、細かくした野菜スープなどと併用してビタミン類を摂取できるサプリの活用は解決策のひとつになると思います。

 

カラダアルファ(α)のルーツは、アスリート向け栄養補助食品

カラダアルファは10歳~16歳の成長期の子供たちの身長を伸ばすために特に必要な栄養素とは何か?ということを深く研究し、さらに全国のアスリートたちの情報や小学校、中学校、高校の部活の顧問の先生方とも意見を交換して7年の歳月をかけて作られています。

実はこの会社は健康RSLパフォーマンスといって親会社が国内でトップクラスのシェアを持つバドミントンのシャトル(羽根)メーカーなんですね、それで開発に十分なアスリートたちの情報と時間と費用をかけることができたのです。成長期のために出来た本気の製品、それがカラダアルファなのです。

 

お母さん方の口コミで広がった製品

 

カラダアルファが広がったのは、お母さんからお母さんへの“口コミ”!

この会社、大きな宣伝はせず、パンフレットさえもありません

世の中には成分の名前表示はあっても、含有量がわからない栄養補助食品がそれこそ溢れかえって何を飲ませればいいのか非常にわかりにくいと思います、口から摂るものなので、このお母さん方の口コミは大変参考になります。

子供の背を伸ばしたいという思いもありますが、まず背が伸びるとか伸びないとかいうよりもきちんとした栄養を取らせてあげたい・・・

というお母さん方の思いがカラダアルファの広がりにつながっているんです。

まだまだお伝えしたいことはありますが、あとはこの会社のページにてご確認ください。

カラダアルファ(α)