最近の子供は早熟化傾向

小学生の身長を伸ばすには、どんな栄養素をどれだけ摂取することでより良く伸ばすことが出来るのか?ということにテーマを置いてみます。

もちろん栄養素だけではなく睡眠と適度な運動も必要ですが、必要な栄養素と必要な摂取量ということが大きなポイントとなります。

タンパク質を中心に大量の栄養素が必要になるため、毎日の食事にはバランスよくカルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンCとD、そして鉄、これらが含まれている食材を使い毎回の食事に取り入れることが必要となります。

足りない部分はサプリで補ってもいいと思いますが、とにかくきちんと栄養素を入れてあげること、

そして十分な睡眠をとらせることが小学生の身長を伸ばす大きなカギとなります。

 

 

身長を伸ばすもうひとつの要素「ストレスの無い環境」

小学3年生~4年生の間の1年間でおよそ5cm身長は伸びます。女の子の方が0.5cmほど更に伸びますが、身長を伸ばすことを阻害する要因のおきな問題点として「ストレス」があります。

子供たちなりに人間関係に苦しんだり、学校や家庭での不満などがストレスになり成長が妨げられてしまうということですね。

その原因の一番の問題点は成長ホルモンの分泌が阻害されることです、脳から分泌される「成長ホルモン」は、眠っている時に大量に分泌されるのですが、ストレスによって自律神経が乱れ、成長ホルモンの分泌を低下させてしまうのです。

頭痛や、便秘、食欲不振になったりする子供もいますが、これらの症状が出ている場合は成長ホルモンの分泌にも影響してしまうので出来るだけ子供たちと接点を持つようにしましょう。

 

睡眠時間は10時間を目標に

小学生の場合、睡眠が不十分だと授業などに集中できず、身長を伸ばすどころか学力に影響が出る可能性があります。高校生になると睡眠時間は7時間程度でも十分なのですが、小学生の場合は10時間位を目標に睡眠時間を取るようにしましょう。ポイントは規則正しい就寝時間と寝る前のおやつは禁止です。

 

規則正しい生活


夜中までテレビやゲームをしていたり、親が夜中まで連れ歩いたりすることは成長ホルモンの分泌に大きく影響しますので極力避け、22時までには寝せるようにしましょう。

成長ホルモンの分泌は22時~2時の間の最初のノンレム睡眠時間に一番多く分泌されます。このときに必要な栄養素があれば小学生の身長は十分伸びます。また成長ホルモンは、代謝や脂肪の分解にも関係していますので、成長ホルモンの分泌が減ってしまうと太りやすい体質になることも大きなポイントです。

 

寝る前のおやつは成長ホルモンと関係する


寝る前におやつや甘いジュースなど、炭水化物や糖分を摂取すると血糖値が上昇してしまい、睡眠中にたくさん分泌されるはずの成長ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。

特に小学生の場合は身長を伸ばすために欠かせない「成長ホルモン」の分泌量はたくさん分泌された方がいいので極力寝る2時間前には食べるのを止めましょう

 

 

小学生でも子供サプリは大丈夫?

牛乳と混ぜて飲むアスミールやミライスターなど小学生の低学年から飲める製品がたくさんあります。子供サプリは毎日の食事でまかなうことの出来ない成長栄養素を簡易に摂取できますので結構有効ではないかと思います。

ただ注意しなければならない点として成分内容を良く見ることです。10gのうち7gは成長成分と関係の無い炭水化物だった・・・なんてことは結構ありますのでご注意ください。

カラダアルファ当サイトでは小学生の低学年でもきっちり成長成分が明確に入っているカラダアルファをお勧めしています。素材にスーパーフードのスピルリナを使いひじきの粉末や天然ミネラルなど子供の成長に特化した製品となっています。

カラダアルファを飲む適正年齢は公式ページによりますと10~17歳となっています、小学5年生~高校3年生ということですね。では小学3年生では早すぎるのでしょうか?公式ページによりますと小さいお子様の場合は飲む量を少なめにして飲んでも問題は無いとのことですので、通常1日10粒飲むところ5~8粒くらいに調整して飲むといいと思います。

特にスポーツクラブに入っているお子様の場合は早めに飲ませてあげるといいでしょう、この時期から飲ませていると中学生、高校生になったときがきっと楽しみになります。カラダアルファについては詳しく調べています、実際に購入し、管理人の子供も飲んでいますのでご安心ください。

カラダアルファ(α)の特徴